東大生限定!家庭教師派遣の東大ネット

東大生 家庭教師の東大ネット 資料請求 お問い合わせ 体験授業お申し込み..電話番号0357288012まで
お申し込み 資料請求
トップページ >  教師紹介 >  垣原 史歩先生 サイトマップ

  • 生徒、ご家族の声
  • 教師紹介
  • 体験授業申し込み
  • 資料請求

電話番号0357288012

  • 講師登録

教師紹介

自分で考えさせる指導!

垣原 史歩先生
  • 東京大学工学部3年
  • 「自分で考えさせる指導!」
生徒さんについて
  • 学校 私立中学校
  • 学年 3年
  • 性別 女子
  • 利用していた塾 駿台
指導について
  • 指導科目 数学中心
  • 指導期間 2010年秋から
  • 指導頻度 週二回
  • 一回あたりの指導時間 二時間

指導前の状況

英語はできるのですが、数学に苦手意識があって、やろうにも、どうやって手をつけたらいいのかわからないという状況でした。駿台に通っていましたが、駿台は進みが早いのでそれについていけていませんでした。

生徒様の問題点

一度は理解しているのですが、聞いて、理解した気になってしまっていました。

はじめてお会いした際の学習態度

悪くもないけど、良くも無いという感じでした。ただ、メリハリが付けきれてなくて、効率が少し悪かったです。例えば、ある時間は、一気に集中して問題を解くとか、一気に暗記するというようなことを余りしていませんでした。

生徒様の性格

明るいです。わからないところは聞いてくれるし話しやすいです。

目指している大学

高校一年なのではっきりしてないのですが、かなり上の大学を目指す予定です。

毎回の指導の流れ

そのときによりますが、宿題を出していたら、私が宿題をさらっとみます。あとは小テストを見ることが多いです。まず、最初に小テストをやって、その解説をしてから指導という流れです。

指導の際に心がけていること

自分が全部答えをいうのではなく、自分で考えてもらうことです。与えられたものだけをやっていくということでも、できる人は、できます。しかし、私の生徒の場合、通っている学校が特に進学校ではない上に附属なので、そのまま大学に行く方が多いのです。その中で彼女は受験をするという立場なので、自分で自ら考えて勉強していかないと、将来を切り開くことが難しいのではないかと考えています。

学習計画の立て方

授業の最後に宿題を出しますが、「この日は塾あるから、この日とこの日にこれぐらいやろうね。」という感じで、計画的に毎回宿題を出すという形です。

家庭教師としての強み

私の出身は、有名な進学校ではなく、そこまで東大の合格者がいない学校なので、同じくそんなに進学校では無い方を教える際に、割と共感をもって指導に臨めるというのは強みです。話していると、回りの環境とかが似ているので話しやすいです。それと塾に行かず、自分で創意工夫して身に付けたノウハウがあるというのも強みの一つです。

どんな教師でありたいか

生徒の希望に柔軟に対応できる教師です。生徒が、今ほんとに何を欲していて何をしてあげれば伸びるのかということを的確に提示できるような先生になりたいです。難しいですが。(笑)

トップページ >  教師紹介 >  垣原 史歩先生 サイトマップ