東大生限定!家庭教師派遣の東大ネット

東大生 家庭教師の東大ネット 資料請求 お問い合わせ 体験授業お申し込み..電話番号0357288012まで
お申し込み 資料請求
トップページ >  教師紹介 >  小林 慧先生 サイトマップ

  • 生徒、ご家族の声
  • 教師紹介
  • 体験授業申し込み
  • 資料請求

電話番号0357288012

  • 講師登録

教師紹介

鎌倉女学院に合格!

小林 慧先生
  • 東京大学文学部3年
  • 「基本的な問題をしっかり!」

合格

生徒さんについて
  • 学校 公立小学校
  • 学年 6年
  • 性別 女子
  • 利用していた塾 SAPIX
  • 志望校 私立鎌倉女学院中学校合格
指導について
  • 指導科目 算数
  • 指導期間 受験直前の一ヶ月強
  • 指導頻度 週二回
  • 一回あたりの指導時間 二時間

指導前の状況

算数は成績が下がってきているという感じでした。志望校の鎌倉女学院の偏差値は一般に50台後半、サピックスの模試では50弱というところでしたが、もう一歩届かないという状況でした。
とくに「速さ」や「割合」を苦手としていました。

鎌倉女学院の傾向と対策

鎌女の算数の問題は、途中式は必要なく、答だけを書けば良い方式なのですが、前半の大問1,2,3が簡単で、後半4、5が難しいので、「難しい問題は解けなくていいから簡単な問題は全部解けるように」という方針で指導しました。

指導の方法

サッピックスの教材「デイリーサピックス」や配られたプリントを使いました。塾を休んでしまってやっていない問題や、できていない問題のうち、時間もないので特に苦手だった速さや割合などの問題を中心に解いてもらってできるかどうか確認し、できなかったら宿題にして復習してもらいました。
復習を重視して、定着を図り、苦手な分野でも基本的な問題はしっかりとれるようにすることを目指しました。入試直前だったので過去問もあわせて用い、同じ作業をしました。

指導の際心がけたこと

心がけたのは、やはり「簡単な問題は落とさせない」ということで、それは何度も繰り返し言いました。それから、できるだけ生徒さんのペースにあわせるということです。
もともと僕はがんがん引っ張ろうとはしないタイプですが、今回の生徒さんの性格を見ても、教師の側から「がんばれ」と言い、強く引っ張ろうとしても空回りしてしまうと思ったので、基本的にゆっくりと生徒さんのペースにあわせ、ただやることはしっかり提示していくというかたちで指導しました。

この生徒さん以外の指導経験

ごく小規模な集団塾で政治経済を指導していましたが、去年教えていた生徒の一人は早稲田の商学部に受かってくれました。
また家庭教師として大学受験生の方に一年ほど古文、漢文や地理を教え、偏差値が40台から最終的に60台まで上がりました。

「家庭教師」の利点

一人を徹底的にみることができるので、僕はあまり速くはやらないタイプですが、速くもできるし、ゆっくりにもできる、その自在に調整できる点、生徒さんに徹底的につきあってあげられる点というのはやはり家庭教師の強みだと思います。
塾だとたとえ1クラス数人という規模でも、やはり一人一人につきあうということは難しいですが、家庭教師ではそれができるので。

家庭教師として

僕自身の強みは様々な科目に対応できるということだと思います。大学受験レベルの数学VC、物理、化学、生物、世界史、倫理以外の科目なら、たとえいつもの指導科目でなくても、テスト前などの質問に答えることができます。
これからも、やるからには必ず成績を上げられる家庭教師でありたいです。

トップページ >  教師紹介 >  小林 慧先生 サイトマップ