東大生限定!家庭教師派遣の東大ネット

東大生 家庭教師の東大ネット 資料請求 お問い合わせ 体験授業お申し込み..電話番号0357288012まで
お申し込み 資料請求
トップページ >  目的別ご利用案内 >  大学受験 >  私立志望 サイトマップ

  • 生徒、ご家族の声
  • 教師紹介
  • 体験授業申し込み
  • 資料請求

電話番号0357288012

  • 講師登録
中学受験 家庭教師東大ネット 目的別ご利用案内 高校受験 家庭教師東大ネット 目的別ご利用案内 大学受験 家庭教師東大ネット 目的別ご利用案内 成績不振の解消 家庭教師東大ネット 目的別ご利用案内


〜大学受験 私立志望〜

私大一般入試の傾向

 私立大学の一般入試は、文系の場合英語・国語(または小論文)を含む3科目、 理系の場合英語・数学を含む3科目で構成されることが多く、 いずれの場合も英語に特に重点が置かれる傾向があります。

 特に早稲田大学や慶応義塾大学をはじめとする難関私立大学では、読まなければならない英文の量、 答えなければならない問題の数ともに大変多く、まずは確固たる英語力を身につけなければ合格は難しくなります。

 入試科目が少ない分、その他の科目で問われる知識も深く細かいものになります。
例えば日本史では、通常高校の授業では軽くしか扱われない文化史に日本史全体の半分近い配点がなされ、 非常に詳細な知識まで問われることがしばしばです。

入試制度の多様化

 また、近年私立大学では入試制度が多様化する傾向にあり、一般入試の他にセンター試験利用入試、 AO入試、推薦入試など多くの入試形態があるため、一つの大学の一つの学部・学科を受験するにも、 いくつかの入試形態を併願する受験生が多くなっています。

 受験生にとってはチャンスが広がったと言えますが、例えばセンター試験利用入試と一般入試を併願する場合、 センター試験のためだけに必要となる科目が出てくるケースがあります。
このような科目は塾や予備校で受講する余裕がなく、自主学習で対処しようとして十分に対策できない生徒さんも多くいらっしゃいます。

 多くのAO入試や推薦入試、慶応義塾大学をはじめとするいくつかの大学の一般入試では小論文が課されますが、 集団講義を受講したり一人で学習したりしても、文章力は簡単に身に付くものではありません。
能力の高い教師から一対一で指導を受けるのが、文章力を高める一番の早道です。

東大ネットのメリット

 東大生の多くは東大の他にも早稲田・慶応といった難関私立大学に合格しています。
東大生は非常に多くの科目を課される東大入試をくぐり抜けている分、計画的に学習を進める能力に長けていますし、 「普段は英語を指導してもらっているけれど、今日だけはセンター試験のみで使う数学Iを指導してもらいたい」といった 生徒さんの細かい要望に応えることも可能です。

 また東大ネットには、特に英語力や文章力の高い教師、その他数学や歴史など特定の学問領域を 専門的に学習している教師、そして過去に生徒さんを難関私立大学に合格させている教師が 数多く在籍しています。
合格の栄冠をつかむため、ぜひ東大ネットの家庭教師をご利用ください。